【スキルアップは良い求人に繋がる】おすすめの保育雑誌はいずこ?(3選)

保育 雑誌 comments(0) - neko-hoikushi

前回は、保育雑誌の内容やメリットについてご紹介しました。

 

今回は、実際に私がつかってみてよかった保育雑誌を3つご紹介します。

保育雑誌

 

「保育の友」

 

全国社会福祉協議会はご存知ですか?
社会福祉を目的としている保育園のほとんどがこの協議会に参加している機関なのです。

その全国福士協議会が毎月発刊してくれている保育専門誌が「保育の友」になります。


中身は一体どんなことが書かれているのかというと、子どもの発達段階に応じた保育内容が載っています。

 

それに則した地域性豊かな実践や指導計画におけるカリキュラムを掲載してくれています。
とても保育の専門性に富んでいて、この雑誌があれば書類も書きやすくなることでしょう。

 

他にも、季節ごとに出てくる保育での困りごとに対する対策や、発達障害児とどういった関わり方をしていくのか?ということを教えてくれます。


専門性は他の雑誌に比べてとても高く、あなたの保育での困りにきっとヒントをくれることでしょう。

読みごたえも十分にありますので、どんな保育士さんが読んでもためになります。

 

「幼児と保育」

 

小学館発刊の保育雑誌になります。
年6回発刊されているので、内容も濃いものになっています。

 

中身は保育士の立場ばかりからではなく、子どもや保育者、家庭、などといった多面的な考え方を教えてくれます。

まずは保育をする環境作りについても保育とは何か?ということを伝えてくれるのです。


保育をより充実させるためのアイデアが豊富に掲載されていて、保育士にとっての学習用雑誌としても大いに役に立ちます。

環境の中にはデザインなども入っており、保育室に飾るデザインの提案などもしてくれます。
他の雑誌とは一味違った壁面制作に取り組むことができるかもしれませんね。

 

他にも、ゲームや歌などについても書かれているので、普段の保育にも役立ちます。
「保育の友」に比べると専門性が薄いので、誰でも手にとりやすい雑誌になっています。

 

 

「ちいさいなかま」

 

発刊しているのは、全国保育団体連絡会になっています。
毎月発刊されていますが、一冊の値段が400円程度になっているので、手に取りやすく、読みやすい雑誌になっています。

雑誌の歴史は深く、30年以上愛読しているという人もいる雑誌です。


子育てや保育のことを、深く書いていて、保育者と保育士さんたちを結びつけるための雑誌です。

こう書くと、保護者向けの雑誌に見えますが、保護者の立場に立ってみることで、問題が解決することもあります。


毎月のテーマが大きく決まっていて、自分の興味がある雑誌だけを読めばその事について深く知れるというのもいいですね。

 

他にも、連載形式で毎月掲載されている記事もあり、絵本や発達障害などへの取り組みを分かりやすく書いてくれています。

 

保護者も読む雑誌ですので、専門的な表現はほとんどなく、とても分かりやすいんですね。
でも、その分、保育士にしてみると、もう少し専門的なところを知りたいと思ってしまうかもしれません。

 

 

雑誌を選んでスキルアップ!

 

いかがでしたか?


専門的な知識を求めようとすると、こういった雑誌が必要になってきます。

雑誌によっても特徴があり、いろいろ読み比べて自分が使いやすいものを選ぶことが重要です。

 

保育士のキャリアのパートナーともいえるような素敵な雑誌がみつかると良いですね。

 

コメント一覧
コメントする